ホウジャクとアザミ

今日は涼しく、すっかり昆虫が消えたと思っていたら、ブンブン勢い能く羽ばたいて(羽音はしない)ホバリングしながらアザミの蜜を吸うのはホウジャク(蜂雀)。実は蛾の仲間。でもハチドリとか鳥の仲間と言っても無理がないくらい似ている。よくみると尾羽まであるぞ。翼に比較して太い体。それに絵の具の筆で塗ったような着色。自然が為せる美しいトーン。毛もはえているし、やっぱり鳥かもしれない。ほんの少し前まで、こういう写真を撮るのは極めて難しかった。でも今はコンパクトカメラでパチパチとやれば簡単にこのような写真が取れる。デジカメならではの技。瓜久保の家周辺で。

Nikon COOLPIX8400
2005/10/22 11:04:23
JPEG (8-bit) FINE
画像サイズ: 2592 x 1944
カラー
コンバータレンズ: なし
焦点距離: 20.1mm
露出モード: シャッター優先オート
測光モード: マルチパターン測光
1/125 秒 - F/4.7
露出補正: 0 EV
感度: ISO 50
ホワイトバランス: オート
AFモード: AF-S
階調補正: オート
シンクロモード: 先幕シンクロ
電子ズーム倍率: 1.00
彩度調整: 0
輪郭強調: 標準
ノイズ除去: OFF

ホウジャク
こちら同じホウジャクの色違い?
footer