からすうり

カラスウリって郷愁を感じるなぁ。とくに食べられるわけでもないのに子供の頃なぜかよく採った。じつに秋らしい実のひとつ。一見何の役にも立ちそうにないが、根っこは粉にして薬になるらしい。花は夜に咲くと言うからちょっと神秘的だ。古民家の裏手に生っていたこのカラスウリ。釣鐘のように小枝にからまってぶらさがっている。どのようにしてこのオブジェができたのだろうか。自然は本当に工作がうまい。

Nikon D2H
2005/11/03 08:46:34.8
JPEG (8-bit) FINE
画像サイズ: Large (2464 x 1632)
レンズ: VR 80-400mm F/4.5-5.6 D
焦点距離: 180mm
露出モード: シャッター優先オート
測光モード: マルチパターン測光
1/250 秒 - F/5
露出補正: 0 EV
感度: ISO 200
仕上がり設定: 
ホワイトバランス: オート
AFモード: AF-S
シンクロモード: なし
カラー設定: モードIII (sRGB)
階調補正: オート
色合い調整: 0°
彩度設定: 
輪郭強調: オート
画像コメント:                                     
長秒時ノイズ除去: OFF

からすうり
今がシーズン、色とりどり鈴なりの烏瓜
footer