アカゲラ

早朝瓜久保の奥の方でトントントン、トントントンと軽やかな音。アカゲラだ。コゲラに似ているがコゲラより大きい。それに赤い腰巻。こいつは頭のてっぺんが赤くないからメスだろう。尾根道に上がる階段を登って近づいていっっても、トントントンに熱中している。木の幹をつついて虫とかを食べるのだそうだが、あんなことで本当に虫が捕れるのだろうか。ぴょんぴょんと跳びながら軽快に幹を登ってゆく。蛙のように地面とか水平なところを跳ぶのではなく、木に沿って縦にぴょんぴょんである。まさに啄木鳥だけの為せる技だ。そしてまたトントントンだ。
「ぴょんぴょんぴょん、あ、トントントン」
「ぴょんぴょんぴょん、よ、トントントン」
あらっ、どっかに飛んで行っちゃた。

Nikon D200
2006/11/12 07:47:42
JPEG (8-bit) FINE
画像サイズ: Medium (2896 x 1944)
カラー
レンズ: VR 80-400mm F/4.5-5.6 D
焦点距離: 400mm
露出モード: シャッター優先オート
測光モード: 中央部重点測光
1/320 秒 - F/5.6
露出補正: 0 EV
感度: ISO 400
仕上がり設定: 標準
ホワイトバランス: オート
AFモード: AF-S
シンクロモード: なし
カラー設定: モードT (sRGB)
階調補正: オート
色合い調整: 0°
彩度設定: オート
輪郭強調: オート
画像コメント:                                     
長秒時ノイズ除去: OFF
高感度ノイズ除去: OFF
アカゲラ
footer