エゾビタキ

秋は渡りの季節。日本には、季節によって夏鳥とか冬鳥とかが訪れるが、長い旅の途中にちょこっとだけ日本に立ち寄る鳥もいる。このエゾビタキという鳥もそのひとつ。樺太の方で繁殖し南はフィリピンまで旅をすると言う。こんな小さな体のどこにそんな体力が潜んでいるのだろう。高い梢にとまって時々急降下して姿を消してしまうが、また同じ枝に戻ってくる。それを繰り返している。どうやら虫を捕まえているらしい。
公園の南門から下っていった、谷戸見の丘にて撮影。
Nikon D200
2006/09/24 15:01:04
JPEG (8-bit) FINE
画像サイズ: Medium (2896 x 1944)
カラー
レンズ: VR 80-400mm F/4.5-5.6 D
焦点距離: 400mm
露出モード: シャッター優先オート
測光モード: スポット測光
1/320 秒 - F/14
露出補正: 0 EV
感度: ISO 200
仕上がり設定: 標準
ホワイトバランス: オート
AFモード: AF-S
シンクロモード: なし
カラー設定: モードT (sRGB)
階調補正: オート
色合い調整: 0°
彩度設定: オート
輪郭強調: オート
画像コメント:                                     
長秒時ノイズ除去: OFF
高感度ノイズ除去: OFF
エゾビタキ
footer