もどる
シュレーゲルアオガエル

雨上がりけむる日曜日。公園の片隅で必死な姿発見。アマガエルのようにも見えるが、そうではない。これはシュレーゲルアオガエルと言う。この界隈にもっとも多く棲んでいると思われる種類で、シーズンにはあちこちでうるさく鳴いているが、どこで鳴いているのか、なかなかその姿を見るチャンスは少ない。このカエルよっぽど木登りがお好きのようで、何か当てがあるのか無いのかわからないが、ひたすら登ってゆく。もう地上から2.5メートルくらいだけど、まだ登っている。どこまで登るんだろう。何が目的で登っているのだろうか。人間でもひたすら山に登っているのがいるけど、このカエルもただ趣味で登っているのだろうか。いやそんなわけはあるまい。趣味なんて持つ生き物は人間くらいなもので、生きるために必死なのが自然の世界。・・・行く先に何かあるんだ、きっと。
2009/9/13 8:13 Nikon D3 with nikkor 80-400mm F4.5-5.6, F5.6 1/400 ISO2500



nikon D3
footer