もどる
キイロスズメバチの巣

知らぬ間に大きくなっていた。キイロスズメバチの城。とにかくでかい。本当にどれくらいの大きさか測ってみたいけど、それは無理ってもの。高い木の上だし、スズメバチと言えばもっとも凶暴な蜂のひとつ。この木によじ登って測ったとしても無事帰還できる保証はない。横断面の直径はたぶん50pくらいはあるのではないか。これだけ立派だと、いかに人間を襲うこともあるスズメバチと言えども、駆除するのはもったいない気がする。まして歩道からは十分距離があって、あまり危険とも思われない。
3年前撮影した巣と比較すればなんとなく大きさがわかるだろう。超弩級だ。しかもまだ成長している。
スズメバチの巣2006年秋
だから脅すことなく、じっと遠くから見守っていたい。やがて冬が訪れ、空家になるまで。
2009/9/23 9:58 Nikon D3 with nikkor 80-400mm F4.5-5.6, F5.6 1/800 ISO800


nikon D3
footer