赤とんぼ もどる
リスアカネ

入道雲湧く夏空のような秋の空にふわふわと旋回するアカトンボは、「赤とんぼ」と呼ばれていた日本海軍の九三式練習機を彷彿とさせる。戦時中、5000機以上生産され、予科練でゼロ戦パイロットの養成などに使われた名機だ。葉の上に止まった姿はまさに飛行場のランプに翼を休める九三式練習機。実はこの翅の先端が焦げたようなアカトンボはリスアカネという種類らしい。全長45oくらいの小さなトンボだ。これくらい精密で、小型で、リモコン操作できる模型飛行機ができたらいいな。
2012/9/8 9:27 Nikon 1 J1 with 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6, 30mm F5.6 1/40 ISO400

J1

footer