ヒラフスベ

ヒラフスベ

樹の幹に吹き出て来たポリープのような(こぶ)のような塊。よ〜く調べると、どうやらヒラフスベと言う、これもキノコの一種らしい。大きさは長さで20p以上ありそうである。(ふすべ)とはコブのことである。平たい瘤と言う意味だろうか。さらにググるとアイカワタケとこのヒラフスベは別種とされていたが、最近では同種とされているとの事だ。つまりこのキノコの事は良くわからないと言う事が良くわかった。食べるとおいしいと言う記述もどこかにあったが、いくらパンに似てるからと言って、これを食べた奴は偉い。

2013/10/27 8:12 Nikon D3 with NIKKOR VR80-400mm F/4.5-5.6G, 210mm F7.1 1/80 ISO1600