狐久保 もどる
キツネ

  金曜日、仕事中だというのに、ふたりはグーグルで会社の帰り道にある呑み屋を検索していた。ふたりとももうとっくに定年を過ぎた再就職組。学生アルバイト並みの安い給料で働いていた。最近仕事の量が少なく、暇で、少し落ち込んでいた。

  ふたりは午後5時ぴったりに会社を出て、目的の居酒屋に向かった。歩いている途中、ちょっと人気(ひとけ)のない場所に、小さな赤ちょうちんを発見した。「いなりや」とある。暖簾をかきわけ店の中を見ると、カウンターがあって、棚には何十種類もの日本酒がびっしり並んでいた。おあつらえの場所だ。目的地を変更してそこの店に入った。

  40歳半ばくらいの夫婦がやっている店だった。カウンターに腰かけると「コン晩は、いらっしゃいませ」と綺麗なおかみさんが声を発した。メニューはなぜか木の実が多かったが安くてとてもうまかった。料理をしている主人から「うちは天然の食材をつかっているから、安全で栄養価もたかくてうまいよっ」と説明があった。さっぱりした味のお酒もおいしかった。日本ではめずらしいウサギの肉の竜田揚げが出た。ふたりは定年後いかに生きるべきかについて、熱く語り合い、楽しくなって、ついつい酒が進んだ。久しぶりにたくさん呑んだ。いよいよ酩酊してきたところで、最後の仕上げにと、この店の名物だと言うきつねうどんを食べた。そのあと、おかみさんから「コンどまた来てね~」と言う透き通った声を聞いたところで記憶は途絶えた。

  朝、寒くて目がさめると二人は広い原っぱで寝ていた。たぶん飲み過ぎて、家に帰れずに寝てしまったのだろうと思った。昨晩はかなり酔っぱらっていたが、ふたりともなぜか二日酔いはしていなかった。
「それにしても昨日の店はうまかったね」
「安くていい店だった。また行こうや」
ふたりともさわやかな気分で草のベッドから立ち上がり、元気に歩き出した。

  立ち去るふたりの後ろ姿を、狐の顔をした大きな石が二つ、見つめていた。
キツネ キツネ
footer