アマガエル

柵の杭に座ってだまってひとり池を見つめているアマガエル。小さな「みやた池」もでっかい湖のように映っているに違いない。「じっとして、じっとして」とつぶやきながらカメラを4センチくらいまで近づける。するとアマガエルは不審な物体に気づき、身体をよじるようにして嫌悪感をあらわにした。
このショットを撮った次の瞬間、アマガエルはとなりの小枝をめがけてジャンプした。ところが手が滑って、枝にしがみつくことなく、下方の草むらに吸い込まれ、見えなくなった。

Nikon COOLPIX8400
2007/05/02 09:33:18
JPEG (8-bit) EXTRA
画像サイズ: 3264 x 2448
カラー
コンバータレンズ: なし
焦点距離: 6.1mm
露出モード: プログラムオート
測光モード: マルチパターン測光
1/112 秒 - F/4.5
露出補正: -0.3 EV
感度: オート
ホワイトバランス: オート
AFモード: AF-S
階調補正: オート
シンクロモード: なし
電子ズーム倍率: 1.00
彩度調整: 0
輪郭強調: 標準
ノイズ除去: OFF
COOLPIX 8400
footer