レンゲ

むかしから歌にも歌われる春を代表する花のひとつレンゲ。レンゲソウとも言う。チョウチョとかミツバチとかが蜜を吸いに集まるだけでなく、スズメが集まる。新芽を食べているのか、あるいは花びらを餌にしているのか。レンゲの群生の中に隠れてたくさんスズメが食餌しているみたいだ。スズメだけでなくムクドリが時々舞い上がっている。
このレンゲ、乾いた田んぼ一面に咲いているのだが、実は秋に種まきをする。やがて春が来てこのように花が咲き、そして花が終わる頃、土と共に耕され肥えた田んぼができるという。誰が考えた方法か知らないが、化学肥料もいらないし鳥も昆虫も御相伴(ごしょうばん)にあずかれるってわけだ。

Nikon D200
2007/04/21 09:16:25.4
JPEG (8-bit) FINE
画像サイズ: Medium (2896 x 1944)
カラー
レンズ: VR 80-400mm F/4.5-5.6 D
焦点距離: 400mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/1250 秒 - F/5.6
露出補正: 0 EV
感度: ISO 320
仕上がり設定: 標準
ホワイトバランス: オート
AFモード: AF-C
シンクロモード: なし
カラー設定: モードT (sRGB)
階調補正: オート
色合い調整: 0°
彩度設定: オート
輪郭強調: オート
画像コメント:                                     
長秒時ノイズ除去: OFF
高感度ノイズ除去: OFF

蓮華
ムクドリもカルガモもレンゲ畑に集まってきた
カルガモ
footer