白頭スズメ

これはなんと言う鳥だろうかと死ぬほど調べた。そして出た結論はスズメ。
アルビノといういわゆる色素欠乏だと思われるが、でも頭と羽の一部だけ色素が抜けているってことあるのだろうか。
人間から見るとかなり不自然だが、スズメ同士はあまりそれを感じないらしい。少なくとも「ブス」と言う範疇には入らないものと思われる。ひょっとすると人気者かも知れない。他のスズメと仲良く飛び回っていた。
こういう珍しいものは縁起物だから大事にしないといけない。白スズメ様、末永くご健康でおられますように、そしてまた何時かお会いできますように。合掌・・・。

Nikon D200
2007/05/02 09:47:48.6
JPEG (8-bit) FINE
画像サイズ: Medium (2896 x 1944)
カラー
レンズ: VR 80-400mm F/4.5-5.6 D
焦点距離: 400mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/750 秒 - F/6.3
露出補正: 0 EV
感度: ISO 400
仕上がり設定: 標準
ホワイトバランス: オート
AFモード: AF-C
シンクロモード: なし
カラー設定: モードT (sRGB)
階調補正: オート
色合い調整: 0°
彩度設定: オート
輪郭強調: オート
画像コメント:                                     
長秒時ノイズ除去: OFF
高感度ノイズ除去: OFF


D200
footer