もどる
ツバメ

耕した田んぼの上空にツバメが二羽、楽しそうに輪を描いていた。動きは極めて俊敏である。とくにその卓越した高速旋回能力は芸術的である。超低空でのスピードも驚異的だ。ちょっとブレーキをかけて田んぼに舞い降りた。
小さくスマートなボディに細長い翼。これが高性能の秘密か。
餌は空中で昆虫をキャッチすることが多いはず。田んぼの泥濘(ぬかるみ)に来たのはたぶん家をつくるための壁材を取りにきたのではないかと想像する。口に何か黒い物をくわえて素早く飛び去って行った。
自然は皆働き者だ。
2009/5/2 08:14 Nikon D3, VR 80-400mm F4.5-5.6D, 400mm F6.3 1/1600 ISO800

nikon D3
footer