タケカレハの幼虫 もどる
クマバチ

昆虫は毎度名前を調べるのに苦労するのだが、毛虫になるとなおさらのこと、まったく糸口がつかめない。この毛虫がいったい何の幼虫か、さんざんインターネットで検索し、いろいろな写真を見てやっとわかった。成虫はタケカレハという蛾の一種。幼虫は笹の葉を食べて育つと言う。からだには二本の刺があり、毒があると言われている。この毛虫、とても派手な装いだが、成虫はいたって地味で枯れ葉のような蛾である。少年のころは派手だったのに成人になったら急に地味になった。むかしそんな奴がいたような。
2010/5/22 7:52 Nikon COOLPIX8400, 6.1mm F5.7 1/228 ISO100


nikon e8400
footer