カラスノエンドウ もどる
カラスノエンドウ

カラスノエンドウと言う豆科の雑草だが、「カラス」とあたまに付くのは、人間の食に適さない植物だと言う烙印らしい。だからカラスムギとかカラスウリもその類だ。なるほど。でもカラスノエンドウの花にはハナバチが飛び回り、この花は茎からも蜜を出すため、茎にも別の種類の蜂がたかる。やがてその蜜に誘われてアリマキがたくさん集まってきて、テントウ虫がそのアリマキを食べにやってくる。というわけで、「カラス」と言えども、昆虫にはかかせない大切な春の花なのであった。
ところでこの蜂の名称、調べてもさっぱり分からず (?_?) 

その後調べたところではシロスジコシブトハナバチかも。
2011/4/30 8:46 Nikon D3 with NIKKOR VR28-300mm F3.5-5.6G, 300mm F8 1/1000 ISO800
ハナバチ ハナバチ
footer