だいこんの花

だいこんの花

「だいこんの花」と言う森繁久弥主演のテレビドラマがあって、そのタイトルの意味は「妻はだいこんの花のような、素朴だが美しく控えめな人だった」と言うことなのだが。当時、私は本物のだいこんの花をじっくり見たことはなく、だた白い小さな花と言う印象だけが残っていた。それから長い年月を経て、今、この公園で見る満開のだいこんの花は、可憐な白い花びらのその先端がわずかにうすいピンク色で、なるほど「美しく控えめ」と言うのはこういう事か、とその意味がようやくわかったのであった。
で、うちの妻はだいこんの花じゃなくてだいこんである、なんて決して思ってません。

2014/4/26 10:21 Nikon D3S with NIKKOR VR80-400mm F/4.5-5.6G, 400mm f/9 1/1000 ISO400

D3