HOME> 2017年春> カイツブリ
カイツブリ

めぐり逢いとは神秘的なもので、長らく一人ぼっちで過ごしていたカイツブリだったが、やがて新緑の風に乗って素敵なパートナーがやって来た。そして間もなくふたりは婚約したらしく、すでにマイホームを新築中である。子作りについてはメスの方が積極的で、オスが近づいてくると作りかけの家の上に横たわり、お尻を突き出しておいでおいでをする。でもオスはだまってメスの前を通りすぎるだけだ。しばらく同じルーティンを繰り返していたが、ある時オスがお尻の前で立ち止まり、きょろきょろとあたりを見回すと、いきなりメスの背中に飛び乗って電光石火のごとく交尾を完了した。メスの方は到底この電光石火には満足できず、その後も同じように尻を突き出しておねだりするが、二度目はなかった。
上の写真は交尾直後の様子。メスの耳元で「ごめんね、早くて」と囁いたかどうかはわからない。

2017/5/6 8:55 Nikon 1 V3, 1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6, f/5.6 1/800 ISO720    

 
   
カイツブリ
カイツブリ