ショウジョウトンボ

赤とんぼというのはいわゆる赤い色をしたトンボの総称であって、それぞれ本当の名前がついている。で、これはショウジョウトンボという種類。なんとも真っ赤だ。目も手足もとにかく真っ赤。「羽をとったら唐辛子〜」なんて歌が昔流行ったが、まさにその通り。秋の空を飛ぶアキアカネみたいな地味な感じはなく、思い切り主張している感じ。この派手さ、暑苦しさがまた夏に合っているのだ。瓜久保の田んぼで撮影。戻る

Nikon D2H
2005/06/25 09:24:16.0
JPEG (8-bit) FINE
画像サイズ: Large (2464 x 1632)
レンズ: VR 80-400mm F/4.5-5.6 D
焦点距離: 400mm
露出モード: シャッター優先オート
測光モード: マルチパターン測光
1/320 秒 - F/6.3
露出補正: 0 EV
感度: ISO 200
仕上がり設定: 
ホワイトバランス: オート
AFモード: AF-S
シンクロモード: なし
カラー設定: モードIII (sRGB)
階調補正: オート
色合い調整: 0°
彩度設定: 
輪郭強調: オート
画像コメント:                                     
長秒時ノイズ除去: OFF