ヒマワリ

例年のように瓜久保の池から南に向かう道端にたくさん顔を出しているひまわり。小ぶりのものから大輪まで。これは肥料の関係かそれともDNAか。それともそれぞれの花の努力か。大きさにずいぶんと差がある。花粉でまっ黄色に染まったミツバチ(?)たちが飛び回って、おいしい蜜のありかを探っている。ヒマワリは蜂を見つめているようでもあり、誘っているようでもあり。真夏の厳しい日差しの中に、小さな季節の風景があったとさ。


Nikon D200
2006/08/19 08:59:07.9
JPEG (8-bit) FINE
画像サイズ: Medium (2896 x 1944)
カラー
レンズ: VR 80-400mm F/4.5-5.6 D
焦点距離: 400mm
露出モード: シャッター優先オート
測光モード: 中央部重点測光
1/200 秒 - F/18
露出補正: 0 EV
感度: ISO 200
仕上がり設定: 標準
ホワイトバランス: オート
AFモード: AF-S
シンクロモード: なし
カラー設定: モードT (sRGB)
階調補正: オート
色合い調整: 0°
彩度設定: オート
輪郭強調: オート
画像コメント:                                     
長秒時ノイズ除去: OFF
高感度ノイズ除去: OFF
ヒマワリとミツバチ
footer