ナガサキアゲハ

表の羽の色はほとんど真っ黒。尾翼の後端の尾のようになった部分がないのでクロアゲハではない。この蝶はナガサキアゲハと言って、その名が示す様にかつてはナガサキとか南の方に棲むチョウチョだったが、温暖化によってここ横浜でもよく見かけるようになった。その後も北へ北へと分布を広げているとの事。
瓜久保の家から南の方に向かう道の脇に咲いているクサギの花の蜜を吸うナガサキアゲハ♂。

Nikon D200
2006/08/06 08:51:27.6
JPEG (8-bit) FINE
画像サイズ: Medium (2896 x 1944)
カラー
レンズ: VR 80-400mm F/4.5-5.6 D
焦点距離: 360mm
露出モード: シャッター優先オート
測光モード: 中央部重点測光
1/320 秒 - F/5.3
露出補正: 0 EV
感度: ISO 360
仕上がり設定: 標準
ホワイトバランス: オート
AFモード: AF-S
シンクロモード: なし
カラー設定: モードT (sRGB)
階調補正: オート
色合い調整: 0°
彩度設定: オート
輪郭強調: オート
画像コメント:                                     
長秒時ノイズ除去: OFF
高感度ノイズ除去: OFF
ナガサキアゲハ
ナガサキアゲハの雌。アゲハ特有の羽の尻尾がない。
footer