コジュケイ

苔やキノコのはえた炭焼き小屋の屋根の上で「クワッ・・・クワッ」と時を刻むようにに鳴いていた一羽のコジュケイ。数分間じっとして鳴き続けると近くに現れたのは、まだ生まれたばかりの小さなコジュケイ。さっきから子供をさがして呼んでいたわけだ。
そう言えば、この少し前「ギャー」という鳴き声と共に羽ばたく音。そして黒い猫が一匹草むらの中に飛び込んでいた。
ここには野生化した猫が棲んでいる。やられたんだなきっと。子は一羽しかいなかった。

Nikon D200
2007/07/16 08:43:07.0
JPEG (8-bit) FINE
画像サイズ: Medium (2896 x 1944)
カラー
レンズ: VR 80-400mm F/4.5-5.6 D
焦点距離: 360mm
露出モード: 絞り優先オート
測光モード: スポット測光
1/320 秒 - F/5.6
露出補正: 0 EV
感度: ISO 400
仕上がり設定: 標準
ホワイトバランス: オート
AFモード: AF-C
シンクロモード: なし
カラー設定: モードT (sRGB)
階調補正: オート
色合い調整: 0°
彩度設定: オート
輪郭強調: オート
画像コメント:                                     
長秒時ノイズ除去: OFF
高感度ノイズ除去: OFF
コジュケイ
屋根の上にはえた苔か何かを食べているコジュケイの親子

D200
footer