もどる
アゲハの幼虫

全長1センチくらいの小さな生物。頭を持ち上げているのでシャクトリムシかと思ったけど、違うようだ。この形はどこかで見たことがある。ダックスフンドにも見えるけどそんなわけはない。何かの蝶の幼虫だ。カラタチの葉の上に乗っているから、多分カラスアゲハとかアゲハ系の蝶の幼虫だろう。間違いない。きれいな蝶になるまであと一か月くらいかかるかなぁ。
小さな幼虫の時期はこのように汚い色をしているけど、これは鳥の糞に擬態していると言う説もある。鳥のウンコのふりをして鳥などの天敵の餌にならないようにしているわけだ。なるほど。でもいくら弱肉強食の厳しい世界とは言え、偽装するのにウンコより他にもっと良い方法はなかったのだろうか。
2008/8/14 9:42, COOLPIX P5100, 7.5mm F4.8 1/145 ISO64
P5100
footer