もどる
カラタチの樹液

アゲハの幼虫が好んで食べるカラタチの葉っぱ。だからカラタチ周囲にはアゲハ蝶がひらひらと舞い、卵を産みつけようとしている。
そのカラタチの枝の下に琥珀色の物体がぶら下がっていた。それはたぶん樹液が固まったものだと思われるが、これもまた自然が創った最高の色と形と艶で、真夏の日差しにキラキラと宝石のように輝いていた。これを持ち帰って押し入れかどこかに長いことしまっておいたら、本当にあの琥珀になるかもしれない・・・と思った。
2008/8/14 9:47, COOLPIX P5100, 7.5mm F4.8 1/214 ISO64
P5100
footer