もどる
ミドリシジミ

これ桑の木。その熟した黒い実の果汁を吸うミドリシジミと言う蝶。一見なんの変哲もない小さな蝶々だが、ひとたび羽を広げると、あらまちょいちょいゆであずき。想像を絶する、光り輝くメタリックブルーの生地を見せるのであった。カワセミみたいな色で、人間はこの色に弱い。ふらっと来そうな贅沢で魅力的な色だ。しかもミドリシジミはこの梅雨時にしか見られないのだそうだ。
だからその筋では、この蝶はゼフィルス(zephyrus)とか言う不思議な名で呼ばれ、神のように崇められている・・・と言う話だ。
2008/6/14 8:49 Nikon D3, VR 80-400mm F4.5-5.6D, 400mm F5.6 1/200 ISO1600
ミドリシジミ ゼフィルス Nikon D3
footer