HOME> 2017年夏> ミツバチと黄色いリボン
ヒマワリ

カラ梅雨で水不足を心配していたが、ついに荒川水系の取水制限が20%に引き上げられたらしい。舞岡公園でも水は少なく、野生の王国の生命線であるあの池が水溜りみたいな形になっていた。それでもカワセミはやってきて浅い水溜りに飛び込む。漁場が少なくなったせいか二羽が漁業権を争っていた。
ミツバチにとって、カラ梅雨、取水制限はいまのところ生活への影響は無いようである。毎度、おいでおいでをする幸せの黄色いリボンの誘惑につられ、花粉バーへ吸い込まれて行くのだ。そしてしばらくして、全身黄色い粉だらけになってフラフラの態でバーを出ると、気持ちよさそうに緑のベンチで一眠りするのであった。

2017/7/29 8:43 OLYMPUS E-M1 Mk2 M.ZUIKO ED 300mm F4.0 IS PRO, f/7.1 1/320 ISO200

 
   
ミツバチ
OLympus OM-D E-M1 markII