HOME> 2017年夏> ヒルガオ
ヒルガオ

JRのダイヤをやりたい放題にかき回した嵐によって、いよいよ梅雨のスイッチがオンになったと思ったのもつかの間、また「梅雨の晴れ間」だ。今年の梅雨はどうしてもリズムに乗り切れない。乗ってないとそこで暮らす人々の生活、体調のリズムも乱れる。今、私をはじめ、まわりに体調を崩す人が多い。年寄りは特に。
自然界では、あの大嵐をどこでどうやって凌いだのだろうか、黒い衣装の蝶たちは体調を崩すことなく青い夏空をバックに舞踏会。小さな生き物たちは腰痛に悩まされることもなく、ヒルガオの部屋で上品な会話を楽しんでいた。

2017/6/23 8:55 OLYMPUS E-M1 Mk2 M.ZUIKO ED 12-100mm F4.0 IS PRO, 66mm f/6.3 1/1600 ISO200

 
   
OLYMUS E-M1 MkII