HOME> 2017年夏> クマンバチ理論
クマバチ

2017/7/29 9:36 OLYMPUS E-M1 Mk2 M.ZUIKO ED 300mm F4.0 IS PRO, f/4 1/1600 ISO640

長~い間、科学の世界では、小さな薄っぺらな羽根で、この毛もくじゃらのデカイ身体を空中に維持する事は理論的に不可能であると言われていた。つまり航空力学的にクマンバチは飛べるはずがない、と。だからあのヘリコプターの生みの親であるシコルスキー先生でさえも次のような格言を作った。

"According to recognized aero technical tests, the bumblebee cannot fly because of the shape and weight of his body in relation to the total wing area. The bumblebee doesn't know this, so he goes ahead and flies anyway" --Igor Sikorsky--

「・・・クマンバチがなぜ飛べたかと言うと、クマンバチはこのクマンバチは飛べないと言う理論を知らなかった。だから飛ぶ事を志して、そしてとにかく飛んだのである」

そう、なんだって、やりゃできるのさ。変な知識は無いほうが良いのだ。奇跡は起きる。~~きっと今は自由に空も飛べるはず♪

そして2009年、オックスフォード大学による研究によって、クマンバチがなぜ、どうして飛ぶのか科学的に解明された。
その研究レポートによれば、クマンバチは航空理論では説明できない「がむしゃらな力」によって飛んでいる・・・と言うのが結論。

参考:www.sciencedaily.com


   
クマバチ
OLympus OM-D E-M1 markII