ウソ

ピンクの襟巻を巻いたようなオスのウソ。枯れたセイタカアワダチソウなどの小さな実とかウツギの実をついばんでいた。今年はこの公園にたくさんウソが来ている。と言うか全国的にウソが多いらしい。政治の世界と一緒だ。こういう野鳥が平地で見られると言うことは山間部の実が不作で餌がないと言う事らしい。群れで行動していることが多く、長時間同じところで実を食べていることもある。あまり人を恐れず、美しい姿で訪れる人の目を楽しませてくれる。胸の部分までピンク色っぽいのはアカウソと呼ばれているらしい。メスは全くピンク部分が無い。ヒヨヒヨといった哀愁を帯びた口笛のような鳴き声がこれまた最高の癒しになる。

Nikon D200
2007/01/14 12:49:25.5
JPEG (8-bit) FINE
画像サイズ: Medium (2896 x 1944)
カラー
レンズ: VR 80-400mm F/4.5-5.6 D
焦点距離: 400mm
露出モード: シャッター優先オート
測光モード: スポット測光
1/250 秒 - F/6.3
露出補正: 0 EV
感度: ISO 100
仕上がり設定: 標準
ホワイトバランス: オート
AFモード: AF-S
シンクロモード: なし
カラー設定: モードT (sRGB)
階調補正: オート
色合い調整: 0°
彩度設定: オート
輪郭強調: オート
画像コメント:                                     
長秒時ノイズ除去: OFF
高感度ノイズ除去: OFF
ウソ
下はメスのウソ。
ウソ
footer