カワセミのダイビング

あまり人目につかない、「みやた池」の湖畔の藪の影になっているところで、しきりに飛び込んでいるカワセミ。なかなか大物は捕まらないようだ。メダカのような小さな魚を時々ゲットしているが、大食い選手権のカワセミには物足りない。したがって満腹になるまで何度もダイブする。獲物をはずす事もある。でも同じ場所でダイブを繰り返している時がカメラチャンス。私みたいな「偶然カメラマン」にとってはなおさらの事、千載一遇のチャンスである。「たまたま・・・」を祈ってシャッターを切る。この瞬間は祈らないと撮れない。写真も人生もつかの間のゲームだ。運が良ければ何とかなる。
2007/12/30 9:00 Nikon D3, VR 80-400mmF/4.5-5.6D, 400mm F5.6 1/500 ISO1250
Nikon D3
footer