もどる
ヤマガラ

ヤマゲラが秋の実りの季節に、エゴノキの実を土の中に蓄えて置くと言う伝説みないな話、つぶさに観察してみると、なるほど確かにその通りかも知れない。木の枝から目標に向かってダイビングすると、嘴で土をつっつき、巧みにあらかじめ埋めておいたと思われるエゴノキの実を掘り出した。その霜のついたエゴノキの実をくわえて近くの枝にとまると、例によって嘴でコンコンと割って食べた。そしてその作業は繰り返し行われている。う〜む、なるほど。埋めておいた場所を覚えているのか。鳥の記憶力は私のような人間をも凌ぐようだ。わたくしの場合、記憶力に関しては深刻で、さっきまでかけていた老眼鏡のありかさえつかめない。
2010/1/10 10:25 Nikon D3 with nikkor 80-400mm F4.5-5.6, F5.6 1/2500 ISO0600


ヤマガラ ヤマガラ nikon D3
footer