人は青いのがお好き もどる
ルリビタキ

この南国を思わせるブルーは、森の中で全く保護色になっていない。神が人間を楽しませるだけのために創造したとしか思えないルリビタキ。それでコイツは、わざと人通りの多い公園の路傍に現れ、人を誘うようにちらっと振り向く。魅力につられて近づけばサッとどこかに消えてしまう。
人は出会いを繰り返しているうちに恋しさが募り、毎日青い鳥を求めて森の中をさまようことになる。これを青い鳥症候群と言う。
2012/1/7 10:14 Nikon D3 with NIKKOR VR80-400mm F/4.5-5.6D, 400mm F6.3 1/320 ISO1000

ルリビタキ D3

footer