舞岡公園を歩く> 2020年秋>ヘビヌカホコリ
ヘビヌカホコリ

 見つけようとしてもなかなか見つからないが、油断していると待ち伏せしていたかのように現れる変形菌。朝晩冷える今日この頃、今年はもう見ることはないだろうと思っていたが、出ました、湿地に転がる倒木の上。変形菌の中では比較的大きいので発見しやすい。部分的に子嚢が壊れて、ゴムのように伸びている細毛体は特徴のひとつ、ヘビヌカホコリだろう。腐朽の進んだ木肌に干からびた焼きそばのようにからみついていた。子実体形成からだいぶ時間が経過していると思われる。

20/11/10 10:21 Nikon COOLPIX P330, f2.8 1/30 ISO160 5(24)mm

前の写真 次の写真
 
ヘビヌカホコリ
ヘビヌカホコリ