舞岡公園を歩く> 2020年秋>カルガモの朝ごはん
カルガモ

 この秋に予定されていた「稲刈り体験」も「まい作品展」も「収穫祭」も中止になってしまった。少し前に刈られたイネは逆さに吊り下げられ天日干しされている、これは稲架掛け(はざがけ)と言って機械による乾燥より米が美味しくなるらしい。下を向いた穂の高さがちょうどカルガモの背丈にぴったりでおあつらえ向きのレストランだ。この日も朝から美味しいお米をたらふく食べていた。今年ここで生まれ育ったカルガモたちは故郷を離れず、田園風景に溶け込み、訪れる人々の目を楽しませている。

20/10/26 7:12 OLYMPUS E-M1 Mk2, M.ZUIKO ED 300mm F4.0 IS PRO with MC-14, f5.6 1/1000 ISO2500

前の写真 次の写真
 
ルリビタキのイラスト