舞岡公園を歩く> 2020年秋>モズ
モズ

 落し物を探すように下を向きながら、しばらく田んぼの脇を左右に飛び動いていたモズ。プレミアム望遠レンズと高感度センサーで構成された妥協を許さないモズの眼は、畦道の、 風に揺れる草の中に動く小さな黒い物体を見逃さなかった。飛び降りた次の瞬間、口にくわえていたのはコオロギのような虫だった。モズはそれを一口で呑み込むと満足したように鼻歌を歌いながら木の枝を上へ上へと軽快に飛び移り、遥か天空の、ケガキのようにとがった細い枝の先端で、壮絶な雄叫びをあげた。
 深まる秋、田んぼにモズが鳴き、池にはクイナが顔をだした。

20/10/19 9:53 OLYMPUS E-M1 Mk2, M.ZUIKO ED 300mm F4.0 IS PRO with MC-14, f5.6 1/250 ISO500 -0.5EV

前の写真 次の写真
 
モズ
モズ