舞岡公園を歩く> 2021年秋>連結赤とんぼ
連結ナツアカネ

 秋の風物詩のひとつ、稲穂が頭を垂れる田んぼの上を尾を振り振り、卵を散布しながら飛行する赤とんぼ。二匹の赤とんぼが空中給油をする飛行機のようにしっかりつながって、先頭のオスが後方のメスの頭を尾でおさえるようにして飛行している。連結飛行する理由はいろいろあるだろうけれど、メスが卵を産み落とす際、揚力を維持したまま空中で尾を上下に振って出産するのは難しいため、オスが支えになっているのではないだろうか。あるいはラマーズ法と同じで、良人が付き添っていた方が痛みが減じ出産が進むからかも。(諸説あります)
 この卵の産み方と鼻の頭まで赤いオスの色から判断するに、これはアキでなくナツアカネだと思う。これはたぶん間違いない。(以前間違えたことがあります)

 もうすぐ稲刈りだな。もうすぐ。

21/9/22 9:33 OLYMPUS E-M1 Mk2, M.ZUIKO ED 300mm F4.0 IS PRO with MC-14, f5.6 1/2000 ISO2500

前の写真 次の写真


連結ナツアカネ
連結ナツアカネ