HOME> 2018年春> アカゲラ
アカゲラ

 ヤマシギ、ツグミ、シメなどまだ冬鳥があちこちにたむろしているけれど、風に飛ばされた付箋のように、舗道の上をヒラヒラ浮遊していたのはテングチョウだった。空気中には花粉が充満し、いくら寝ても眠気がとれない季節がすぐそこまで来ている。つくしも顔を出した。このぶんだと桜の開花時期も早まるかもしれない。本日観客もまばらな変わり目の舞台に登場したのはアカゲラのお姐ちゃん。トントントンと与作が木を切るような音が天高く響いた。ぼくはかぶりつきで久々に出会った紅い腰巻に見惚れていた。

18/3/13 8:09 OLYMPUS E-M1 Mk2 M.ZUIKO ED 300mm F4.0 IS PRO, f4 1/1600 ISO200

前の写真 次の写真
 
アカゲラ
アカゲラ