舞岡公園を歩く> 2022年春>ツルカノコソウ
ツルカノコソウ

 ツルカノコソウの群生があった。種子の冠毛が実に美しく、雪の結晶に見えたり、線香花火に見えたり、または夜に怪しくひらくあのカラスウリの花のように見えたりする。それらはリズムを刻むように点々と咲く小さな白い花の間隙に、合いの手をいれるように絶妙なタイミングでちりばめられていた。タンポポのように冠毛に春風を受けて、やがて子孫繁栄の旅に出るのだが、タンポポのそれとは一味違う不思議な趣があった。

22/5/3 10:56 OM SYSTEM OM-1, M.ZUIKO ED 300mm F4.0 IS PRO with MC-14, f10 1/320 ISO1250 -0.3EV

前の写真 次の写真

ツルカノコソウ
ツルカノコソウ