HOME> 2019年夏> 森のハンディワーク
森のハンディワーク

 自然散策は美術館の中を歩いているようなもの。行く手にはいつでもユニークであっと驚くアートが待ち伏せている。ケヤキの葉をモチーフにした作品が誇らしげに緑のイーゼルに架けられていた。主葉脈に沿って四つの茶色い豆のようなものが並んでいるが、これは虫こぶの殻だろうか。季節はずれの色づきは虫こぶの影響だろうか、なんていう科学的根拠は置いといて、一枚の絵画を鑑賞するように、じっくりと探索的、思索的に見ると、紅葉した山峡の細い道を、四人の小人たちが楽しそうに歌いながら下りてくるのが見えた。

19/6/25 11:25 OLYMPUS E-M1 Mk2 M.ZUIKO ED 300mm F4.0 IS PRO + MC-14, f6.7 1/125 ISO1250 -0.5

 
前の写真 次の写真
 
ルリビタキのイラスト