舞岡公園を歩く> 2022年夏>ミドリシジミ
ミドリシジミ

 ゼフィルスをターゲットに写真家が集まっている栗の木に、私もご相伴にあずかろうと行ってみると、いましたいました、たくさんいました。でもみんな栗の花の吸蜜に必死で翅を開く気配が無い。ミドリシジミも開かなければタダのシジミと言うわけで、粘ってその瞬間を待ったが、やっと開いたものの木の上の方だから平面的に捉えることが出来ず結果はいまいち。この美しい瞬間を十分堪能できたのは、たまたま通りかかったクサギカメムシだけだった。このミドリはその後すぐどこかに飛んで行ったしまった。
 この日この場所で確認できたのは、ミドリシジミx3~4、オオミドリシジミx2~3、ウラナミアカシジミx1、ウラゴマダラシジミx1、アカシジミ多数だった。シーズンもピークを迎えたようだ。
 写真左下:オオミドリシジミ、写真右下:ミドリシジミ(左)とオオミドリシジミ

22/6/9 13:17 OM SYSTEM OM-1, M.ZUIKO ED 300mm F4.0 IS PRO with MC-14, f5.6 1/1000 ISO1600 F-Stacking

前の写真 次の写真

オオミドリシジミ
ミドリシジミ、オオミドリシジミ