HOME> 2019年冬>カワセミ
カワセミ

 2月に入ってアリスイの動きが活発になって、カメラマンの数も多い。
 一方、あの枝にとまれとか、舌を出せとか注文しても少しも応じないアリスイとは対照的に、すっかり人間とお友達になったカワセミ嬢は、注文をつけなくても勝手にステージに上がって色々とインスタ栄えするポーズを披露するのであった。しかも土俵下みたいに肌に触れそうな場所で鑑賞することができる。八頭身とは言えないが、その美しさは鳥類を代表するスーパーモデルだろう。カメラマンはその悩殺ポーズに興奮、痙攣し、ブレ、ボケを誘発し、めくらめっぽうに撮る無駄な連写は失敗写真を量産するのであった。

20/2/2 9:47 OLYMPUS E-M1 Mk2 M.ZUIKO ED 300mm F4.0 IS PRO + MC-14 f11 1/180 ISO200 -0.5(ノートリミング)

前の写真 次の写真
 
カワセミ
ルリビタキのイラスト