舞岡公園を歩く> 2020年冬>アイスアート
アイスアート 氷の彫刻

 この公園では所々に蛇口が設けられている。今日は大寒。暦どおりの寒さだ。それでも水道は凍ってなかった。しっかり閉まっていない蛇口からは小さな雫がこぼれ落ちていた。それは一粒づつ正確に5秒間隔で落下していた。過冷却状態にある雫は地面に当たって砕け、しぶきになって他の物体に付着すると一瞬にして氷に変わると考られる。雫は夜と朝のあいだ絶えることなく時を刻み、足元にシュールな氷の彫刻を創った。

21/1/20 8:36 OLYMPUS E-M1 Mk2, M.ZUIKO ED 300mm F4.0 IS PRO with MC-14, f6.7 1/4000 ISO6400

前の写真 次の写真
 
ルリビタキのイラスト