舞岡公園を歩く> 2020年冬>切り株
切り株

 木を切れば、いつでもバウムクーヘンみたいな模様が現れるだろうと思うのは素人の浅はかさで、そもそも樹木の断面が円形であるとは限らない。地図上に描かれた孤島のようにも見えるこの不思議な切り株は、見れば見るほどそこに鳥がいてゴジラがいて、と見る者の想像力を掻き立てる、まるで性格診断にも使えそうな絵だ。これはシュルレアリスムで言うところの自動記述であり、自然が無意識に創った知られざる傑作なのだ。 しばらく切り株の周りをぐるぐる回って眺めていた。
 けたたましいチェーンソーの音が聞こえる。今日も安全のため公園のどこかで枯れ木が伐採されている。少し残しておいてほしい、モズが困るから。

21/2/18 7:57 iPhone8にて撮影

前の写真 次の写真
 
ルリビタキのイラスト