舞岡公園を歩く>2023年冬>ツグミ走る
ツグミ

 地面を移動する時、スズメのように両足を揃えて地面をホッピングする鳥とハトのように足を交互に出して歩行する鳥がいる。よく見るとツグミは両方をうまく使い分けているようだ。地上で餌を探すにはハトのようにゆっくり歩くのが理にかなっていると思われるが、この日のツグミは疾走と静止をくりかえしていた。丘の上の広場を縦横無尽に走り回っている。いったいどうやって餌を探知しているのだろう。よっぽど鼻が効くのかな。立ち止まると嘴で土を掘り返して、ツグミが口に入れているのは種子の類ではなくあくまで動物性のタンパク質。それは蟻より小さい虫だったりミミズの類だったり。ムカデも平気で食べていた。胃の中を刺されることはないのかな。

24/2/10 10:47 OM SYSTEM OM-1, M.ZUIKO ED 300mm F4 IS PRO with MC-14, f5.6 1/800 ISO200

前の写真 次の写真

ツグミ
ツグミ