HOME> 2019年春> 水鶏(クイナ)
クイナ

 水鶏(クイナ)は夏の季語で、芭蕉、蕪村、子規、一茶など水鶏を詠んでいる俳句は多く、また夏をテーマにした童謡「夏はきぬ」にも水鶏は登場するが、舞岡公園で水鶏が見られるのはだいたい11月~3月で、夏はその鳴き声すら聞くことができない。(ヒクイナも同様)
 いつも葦の陰に隠れてキョッキョッキョッとモズをも圧倒する高い声で鳴いている水鶏。なぜか今年はこの臆病な鳥と遭遇するチャンスが多く、時には二羽で出現する場面もあった。そして今朝も小谷戸の池のほとりに飄然と現れた。たぶんこれが平成最後の水鶏ショットだろう。

19/4/6 7:42 OLYMPUS E-M1 Mk2 M.ZUIKO ED 300mm F4.0 IS PRO + MC-14, f5.6 1/750 ISO1250

 
前の写真 次の写真
 
ルリビタキのイラスト